綾鷹が大好きな管理人たけにゃんが、世の中のニュース・政治・事件を語りたくて作ったブログです

  1. 政治・経済
  2. 3859 view

愛国心を利用した反日詐欺師集団「維新の会」の売国的言動TOP10!愛国パフォーマンスに騙されるな!

昔から思っているのですが、維新の会の正論モンスターにはつくづく脱帽させられます。
ド直球で、国民が求めている答えや演説をしているため、保守層にもすさまじい人気のある維新ですが、
彼らが10の正論を発している間に1個くらい、反日・売国的発言があったりすることに気付いている人はどれくらいいるのでしょうか。
もしかしたら気付いていても、正論の数が多いため、目を瞑っている人も多いのだと思いますが、彼らが社民党や民主党のようなバカではなく、
真の頭脳派スパイなのだとしたら?
10の正論は国民を騙すためで、本当の目的をうまく隠しているだけなのだとしたら?
ここでは、彼らがうまく隠していた売国的言動をまとめてご紹介いたします。

2019.6.24 追記あり
2019.9.11 追記あり

目次

第10位 橋下徹「外国人どんどん受け入れる。」

橋下徹「外国人に免税、外国人の所得税から住民税から全部ゼロにして、とにかく関西圏に住んでる外国人みんなに伊丹の跡地に来てもらう。
そこでね英語特区にして車線も全部右側通行。もう全部アメリカの生活圏と同じようにして、、、」

これを見てぞっとしない日本人はいないのではないかと思います。
なぜわざわざ日本の中にアメリカを作る必要があるのでしょうか。また外国人をそこまで免税にする必要があるのでしょうか。
橋下氏はアメリカと発言していますが、おそらく彼は、韓国・中国人を免税にすることを目的としているのでしょう。

第9位 橋下徹 人権擁護法案を推進→現在「ヘイトスピーチ規制法案」

人権擁護法案に賛成する橋下徹

人権擁護法案とは、かつて国会に提出され廃案となった法案です。
要約し説明すると「人権委員会と人権擁護委員を作り、差別を無くすために活動する」という素晴らしい法案のようですが、「差別」の定義が曖昧なことから非常に問題視された法案です。
例えば、北朝鮮の拉致を非難し「北朝鮮は拉致被害者を返せ!」と発言した場合、これを聞いた北朝鮮人がショックを受け差別と受け取っただけで、当該発言が差別と認定される可能性があるということです。
また人権擁護委員は、差別の疑いがあるというだけで裁判所の令状なしで立ち入り調査ができるという絶大な権限を持ち、逆らっただけで30万円以下の罰金となります。
さらに、人権擁護委員は市町村長が推薦しさえすれば、日本国民以外の者でもなれるという点から、外国人参政権と並び悪法の代表格のような法案です。

それを、橋下徹氏は大絶賛。
廃案となった後も諦めきれず、大阪にて日本初のヘイトスピーチ規制条例を成立させました。

第8位 橋下徹 危険因子である小室圭を擁護

橋下氏「小室圭さんを批判している皆さんはそんなに立派な人間なの?」

2017年5月16日、眞子さまの同級生だった小室圭さんと結婚する準備が進められていると報道されました。しかしその後、小室圭さんの母親の金銭トラブルが元で結婚式は延期となりました。
どうやら金銭トラブルだけではないようですが、NYタイムスやニュースサイトが端的にこの件を報じていますので抜粋します。

タブロイド紙は、小室氏の詳細を報じるようになった。一年もたたないうちに、 夫と死別した小室氏の母親が、かつての交際相手から四百万円(約36,000米ドル)を借り、返済していないと報じられた。
記事は、当時パラリーガルとして働いていた彼女の息子とは無関係であったが、家族の経歴が大きな意味を持つ社会においては、彼が眞子内親王のステータスとお金を目的に結婚をしようとしているという疑惑が深まった。

New York Times – The Suitor With the Shaggy Hair (2019.4.29)

小室さんの父・敏勝さんは2002年3月、小室さんが10才のときに、38才で自ら命を絶った。また、敏勝さんの葬儀が一通り済んだところで、敏勝さんの父、つまり小室さんの祖父も自殺している。さらに、その約1年後、敏勝さんの母、つまり小室さんの祖母も2人の後を追って自ら命を絶ったのだという。

引用元:news.nifty.com(リンク先に飛ぶ)

交際相手から400万円を借りたまま息子に婚約させる母親もやばいのですが、親族が立て続けに亡くなり、その全てが自殺という異常性、、、
普通の感性をお持ちの方なら、本能で、このような人達との関わりを避けようとするものです。
「この人はやばい」と危険信号が灯り、自分や身の回りの人を守るために距離をおきます。

そんな人との結婚を応援するかのような橋下徹氏の発言。
さらに、6位で説明しますが、女系天皇がもし容認されてしまったとすれば、皇室の乗っ取りもしくは破壊を目論んでいるのではと疑われても仕方ありません。

第7位 維新の中川たかひろ 北海道独立を主張

維新候補のTwitterには北海道独立と沖縄独立というハッシュタグがある

ハッシュタグの3行目の部分に「北海道独立」と「沖縄独立」という文字があります。
これは本当に、どういうことなのでしょうか。
何度考えても理解不能なのですが、売国的なハッシュタグに見えます。
これについて私自身も問い合わせてみたのですが、何も回答は得られませんでした。
疑惑は深まる一方です。

維新八策の中にもロシアという言葉は2回出てきますが、ロシアに売り渡すつもりなのか、はたまた他の野望があるのでしょうか。

維新八策(リンク先に飛ぶ)

第6位 維新 足立議員 女系天皇容認論を展開

内親王世襲制とかいう新たなワードを作る足立康史氏

要するに、言葉を難しく言い換えただけの女系天皇容認論でした

女性天皇は良いのですが、女系天皇は皇統を断絶します。
しかし、この女性天皇と女系天皇の違いをマスコミは詳しく説明しません。
維新は、ここをうまく利用し、皇統を破壊しようとしています。

この問題点を理解するにはまず、女性天皇と女系天皇の違いを理解する必要があります。
百田尚樹氏の日本国紀(P33~P34)に、とても分かりやすく詳しく説明がありましたので、引用させていただきます。

ここで、「万世一系(ばんせいいっけい)」ということについて、簡単に説明しよう。

日本の天皇は二代目の綏靖(すいぜい)天皇から第百二十五代の今上陛下まですべて、初代神武天皇の男系子孫である。
男系とは、父、祖父、曽祖父と、男親を辿っていけば、祖先に神武天皇がいるという血筋を持っていることを言う。

日本では開闢(かいびゃく)以来、一度たりとも男系ではない天皇は即位していない。
ここで理解してもらいたいのは、女系天皇と女性天皇は同じではないということだ。日本には過去八人の女性の天皇がいたが、全て男系である。
つまり父親を辿ると必ず天皇に行き着く。

仮に、女性天皇が天皇の血筋を引いていない男性と結婚し、その子が天皇になれば、その天皇は男系ではない天皇ということになる。
つまりその時点で、一つの皇統が絶え、別の皇統が始まるということになる。

(省略)

日本の過去八人の女性天皇のうち、四人は既婚者(未亡人)であり、彼女たちの子は天皇になっている。
ただ、彼女たちの夫も天皇であったから、その子供たちはすべて男系を継いでいる。他の四人の未婚の女性天皇は生涯独身を貫き、子供を産まなかった。

(省略)

日本はこの万世一系の皇統により、「世界最古の王朝」であると、世界の国々から畏敬と驚異をもって見られている。
中国の史書にも、明らかに日本の天皇に対して一種のコンプレックスを抱いているような記述がでてくる。

「日本国紀」 百田尚樹 著より引用

維新の足立康史氏が唱えたのは、内親王(皇族女子の称号のひとつ)の結婚後も皇室に残り、その子たちを皇族とすることで女系天皇を誕生させ万世一系を破壊することに繋がります。
1300年続く日本の大切な文化を破壊しようとするこの考えは絶対に認めてはなりません。

これを破壊しようとする維新は、間違いなく売国奴だと断言できるでしょう。
いやはやしかし、言葉を変え国民を混乱させ万世一系を破壊しようとは、敵ながら本当に頭のいい人たちだと思います。

第5位 橋下徹 選択的夫婦別姓法案を推進

橋下徹は、選択的夫婦別姓法案について「自身の家庭が母親の再婚のため親子で名前が異なっているが、まったく問題なく家庭が円満であり、別姓が家庭を崩壊に導くようなことはない」と述べました。
※大阪府議会2010年2月定例会本会議にて

選択的夫婦別姓とは、夫婦が結婚後も改姓せずそれぞれの婚前の姓を名乗れるようになる制度のことです。ちなみに現在の日本は夫婦同姓となっています。
日本は世界でも珍しく戸籍制度をとっている国であり(については戸籍制度の破壊を狙っているとしか思えない発言ともいえます。
戸籍制度は家族集団単位で国民を登録する公文書であり、1家族が同一姓でなければ大混乱に陥り、この戸籍制度は崩壊します。
この戸籍、手の込んだめんどくさいシステムではありますが、背乗りなどの対策としてかなり有効なのですが、橋下徹は戸籍制度を破壊するための布石として選択的夫婦別姓を推進しています。

背乗りとは、工作員など他国人が現地人に成りすますために身分・戸籍を乗っ取る行為のことです。
相手が存命中に背乗りした場合は発覚する可能性が高いのですが、相手が亡くなったタイミングで背乗りされた場合は最悪です。おそらく、最後までばれることはないでしょう。

第4位 松井代表 ロシアに謝罪

ロシアに謝罪しに行くことを決意した松井代表

2019年5月11日に維新の議員であった丸山穂高議員が、酒の席にて「戦争発言」をした事件ですが、維新の対応が非常にひどかったです。
まず、撤回と謝罪をした丸山議員が出した離党届を、激怒した松井代表が不受理にしました。その直後に除名処分としました。(除名の場合は二度と党に戻れない)
さらに議員辞職を迫り、本人が辞職しないとなると議員辞職勧告決議案を出すために立憲や共産党にもお願いをしてまわりました。
そして挙句の果てには、松井代表が都内のロシア大使館まで謝罪に行きました。(2019年5月17日)

この維新の謝罪をロシアメディアは大きく報道し、結果的に領土主権の主張の支えのひとつになってしまいました。
売国としか言い表せないようなことをしでかしています。
これについて櫻井よしこ氏が橋下徹氏に話していることが非常に共感できます。

この論戦はその後どうなったのかというと、橋下は終始「丸山議員を国会議員にしてしまったのは私だ」と論点をすり替え、謝罪に徹していました。
ロシアへの謝罪については明言を避けることにより、保守からの総スカンを避けたのだと思います。
橋下徹氏は、やはり頭がいい、、、。

その直後 ロシア利権の生みの親 鈴木宗男が維新入党へ 2019.06.24追記

2019年6月、鈴木宗男が維新の公認候補に 丸山「戦争発言」からわずか1ヶ月弱の出来事

5月17日に松井代表が都内のロシア大使館に謝罪をした後、維新に鈴木宗男が入党しました。丸山発言から1ヶ月の出来事でした。

鈴木宗男(すずきむねお)ってどんな人…?

  • 親ロシア派
  • プーチン政権のクリミア侵攻にも肯定的
  • アイヌ民族の先住民としての権利確立を推進
  • ちなみに歌手の松山千春の親友

以下、鈴木宗男の略歴です

  • 2002年3月、1996年の国後島訪問の際、外務省職員に暴行を加えていた事実が発覚し自民党を離党
  • 2002年4月、公設秘書が逮捕。国後島「日本人とロシア人の有効の家」建設をめぐる容疑
  • 2002年6月、帯広市の製材会社「やまりん」からのあっせん収賄容疑で逮捕
  • 2002年7月、あっせん収賄罪で起訴
  • 2002年8月、建設会社からの受託収賄容疑で再逮捕・追起訴
  • 2002年9月、議院証言法違反の罪で起訴。同時に政治資金規正法違反の罪でも追起訴
  • 2003年8月29日、保釈保証金5000万円を納付し釈放。拘置日数は437日で、戦後の逮捕された衆議院議員で最長
  • 2004年11月5日、東京地裁からあっせん収賄罪など4つの罪で懲役2年の実刑判決が言い渡される
  • 2008年2月26日、東京高裁が東京地裁の判決を全面的に支持し、控訴を棄却した(有罪判決)
  • 2010年9月7日、最高裁が上告を棄却。懲役2年の実刑判決が確定
  • 2010年12月6日、収監
  • 2011年12月6日、仮釈放
  • 2017年10月22日、第48回衆議院議員総選挙(比例代表北海道ブロック・新党大地)落選
  • 2019年6月18日、第25回参議院議員通常選挙に向けて、日本維新の会に入党 ← 今ココ!!!

すごい略歴です。犯罪に関することばかりを抜き出したので悪意のある略歴ですが、それにしても立派な犯罪者ですね。
善良な人とは到底思えませんし、北方領土と金の絡む事件・容疑ことから、ロシア利権の創始者とも呼ばれているような人ですが、維新はこの鈴木宗男氏を入党させました。
「身を切る改革」などと言いつつ、利権の塊のような人間「鈴木宗男氏」を入党させました。
彼は親ロシア派であり、アイヌ新法推進派です。

ちなみに、今回議員辞職を迫られた丸山議員は、アイヌ新法に対して最後まで反対という姿勢を貫き、利権と戦っていました。
さらには、ロシアに対して「戦争」というワードまで使い、おそらく、維新や鈴木宗男にとって都合が悪すぎる人間だったのでしょう。
彼が間違えたことは「戦争発言」ではなく維新に入党したことだったのかもしれません。

最後の一兵となっても、アイヌ新法に反対し続けていた丸山議員

鈴木宗男は、ロシアから自称アイヌ民族に優先的に樺太の天然ガス・石油を輸入できるようにしたいのでしょうか。
そしてその天然ガス・石油を横流しすることで莫大な利益(利権)を手にしたいのでしょう。
上のツイッターにもありますように、維新の立場からすれば領土問題よりもロシア石油利権の方が大切であり、それを邪魔する丸山議員は邪魔で邪魔で仕方なかったのだと思います。

鈴木宗男の起こした事件について詳しくは、WIKIの鈴木宗男事件を参照してください

ウクライナのナザレンコ・アンドリー氏の伝説のスピーチ全文はこちら(リンク先に飛ぶ)

第3位 橋下徹 「竹島を日韓で共同管理すべきだ」

橋下徹は竹島を日韓双方で共同管理すべきだと売国的な発言をしている

2012年9月23日、橋下徹大阪市長は政策討論会で「国際司法裁判所(ICJ)への働きかけを強めつつ、韓国との共同管理を目指すべきだ」との見解を示しました。
竹島は日本固有の領土です。1905年2月22日に日本政府が領有を宣言した時は、大韓帝国からの抗議は一切ありませんでした(当時、韓国という国はありませんでした)

その後、1951年にサンフランシスコ平和条約の起草に際し、アメリカに「日本が放棄する領土に竹島と津島を含めよ」と要求していましたが、アメリカ側は「これらの島が挑戦の一部として取り扱われたことは一度もない」として却下し、国際的に竹島は日本の領土として改めて認められました。
しかし、1952年1月に韓国の李承晩大統領が一方的に竹島の領有を宣言したのです。

1965年に日韓基本条約を結ぶまでに、竹島に近付いた多くの日本漁船は拿捕され(327隻)、不法に拘留され(3911人)、そのうち8人を死亡させました。
日韓基本条約は、不法に拘留させられた日本人を返してもらうためにも8億ドルもの賠償金を支払いました。当時の8億ドルは現在の貨幣価値にして1兆800億円で当時の勧告の国家予算の2.3倍です。

それだけのことがあっても今だに武力で実効支配されている竹島を「返せ」ではなく「共同管理」と言っているのが、売国奴である維新であり、橋下徹氏です。
頭のいい彼が、この歴史的事実を知らないはずはなく、「共同管理」という平和的な言葉を用いることによって支持を得つつ韓国に領土を献上できると考えてのことだと思います。

第2位 橋下徹・松井代表「沖縄独立論」ドン

松井代表の沖縄独立発言

沖縄独立論、これはもう説明する必要もないほどにド直球の売国論です。
保守層の中に、このような思想の人間を支持する人間が多いことに驚きを隠せません。
恐ろしいです。
普段、実績を出して国民の支持を集め、最後には独裁者になったヒトラーのようでもあります。

沖縄独立というのは本来言語道断なのですが、最近、私は沖縄をあきらめてもいいんじゃないかとも考えるようになってきています。
現在の沖縄県知事の玉城デニー氏は尖閣諸島周辺を領海侵犯している中国船のことについて「中国公船が尖閣周辺をパトロールしている時は刺激すべきではない」と言い放ちました。
要するに、中国の侵略行為の邪魔をするなと言っているのですが、この知事を選んだのは沖縄県民です。
悔しいですが、中国になりたいというのは沖縄県民の民意なのではないでしょうか。

本土の日本人は決して沖縄を見捨てたりはしていないのですが、彼らには余計なお世話なのかもしれません。
防衛ラインを種子島・徳之島周辺に移して米軍基地も移転して、沖縄がどうなるのか、実験してみたらいいと思います。
武力放棄すれば平和になるということが真実であれば、それでいいのかもしれません。

しかし、私は平和とは程遠い結果になるのではないのかと思っています。
日本は古来より、平和な時期が長く続くと腐敗して、国難となると強く成長してきました。
今が、その時なのではないかと思っています。本土にいるお花畑な人たちの目も覚めるでしょう。
自ら中国になりたがっている沖縄の皆さんの意思を汲み取り、中国になってもらってもいいんじゃないかと思うのです、、、。

いけないですね。こんなこと言っていたらたくさんの人たちに怒られそうです。
沖縄は日本です。
沖縄の海は日本の海です。
友人である米国とともに沖縄を守らなければいけません。
平和のためにも、沖縄独立など認めてはいけないのです。

第1位 橋下徹 外国人参政権を推進

橋下徹はツイッターにて特別永住外国人には参政権を認める旨を投稿している

橋下徹はツイッターにて特別永住外国人には参政権を認める旨を再三投稿している

永住外国人に地方参政権を!と演説する橋下徹

これも世紀の悪法と言われるほどの法案「外国人参政権」ですが、橋下徹氏はこの法案推進派でした。
上の2枚目の画像では外国人参政権は反対と書いてありますが、その直後に「永住外国人に限って検討するべき」と付け足してあります。
維新を擁護するサイト等では、維新は外国人参政権に反対だと明記されていますが、実際には永住外国人に対し外国人参政権を推進しているのが正しい表現です。

ちなみに永住外国人というのは大阪にたくさんいる在日韓国人・朝鮮人たちを指していると思われます。
彼が大阪府知事になった2007年以降、大阪 難波などの夜の街の韓国人・中国人が増加していっているのはおそらく気のせいではないと思います。

外国人に参政権を与えると何がまずいのか…
「外国人も税金を払っているんだから選挙権を与えてもいいんじゃないか」という声が聞こえてきそうですが、税金と選挙権は関係ありません。
そんなことを言い出したら消費税を払った瞬間、物を買った瞬間に、外国人も子供も関係なく選挙権を持てるようになります。
ましてや、納税額によって投票できる票数も増減する可能性もありえます。
選挙権というのは日本人にのみ与えられるものであり、どうしても選挙に行きたいのなら日本人になればいいのです(帰化)

それをせずに選挙権を与えるというのはあまりにも危険すぎます。
外国人の多い地域では外国人に都合のいい人間が選挙に当選し、日本人の税金を使い、外国人のための政治が布かれることになるでしょう。
頭のいい橋下徹氏が、このようなことを知らずに発言しているはずはありません。
彼は、わかっていて日本を売り渡すために、この法案を推進していたのです。

追加01 橋下徹の戸籍制度破壊発言

このブログを書いている最中にすごいニュースが流れてきたので記事に追記します。
なんと、橋下徹氏が今度は戸籍を廃止しようと言い出しました。さらには夫婦別姓にも繋げると言い出す始末です。
昔のように全てを紙のみで管理していた時代なら分かるのですが、今はコンピュータで処理しているというのに、それをわざわざ廃止する必要性を感じません。
一度なくしたものを復活なんてことはできません。
戸籍制度は背乗りなどの不正に強いというメリットもあります。
戸籍廃止により先祖がわからないようになると、○○の子孫などと言い出す詐欺も増えることでしょう。
繰り返しますがわざわざ無くす必要性を感じません。国民や役所の混乱を招くだけです。

彼らにとってのメリットは、戸籍を廃止し夫婦別姓を実現することで、偽装結婚も偽装離婚も容易になり、外国人が日本人のふりをするのも容易になり、背乗りもしやすくなるかと思います。

私も先の大阪選挙の際、騙されて維新に投票してしまいました。反省しています。
今後の選挙では維新に投票することがないよう注意喚起していきたいと思います。
そのためにも他の候補者が、頑張ってほしいんですけどねぇ

追加02 暴言議員を放置する維新

バカ・アホと暴言でまともに議論できない足立議員

Twitterで痛いところを突かれると、とたんにバカだのアホだのと相手をけなし始める足立議員のTwitter画像です。
また、他の方の意見でも自分の気分を害する意見だった場合の嫌味口調での返信が目立ちました。
結局、維新に迎合する考えじゃなければ全てバカ扱いするような集団だということです。
最初見たときは目を疑いました。

また、戸籍廃止については、出生地や自分のルーツが公文書で知れなくなるのはイヤだという意見があったのにも関わらず

反対意見を全てスルーする超スキル

たくさんの人が説明しているのにも関わらず、「出生地が何故必要なのか説明して下さる方は現れませんでした」とのことですが、いやすごいスルースキルです。
国民の知る権利で、出生地を知れるようにしておくと伝えているだけなのに、それを理解できない・・・のではなく、聞こえなかったことにしているので悪質です。
これは、国民の代弁者たる国会議員としてふさわしいと言えるのでしょうか。

彼は今まで、スパイ防止法について熱く語ったり、帰化議員について語ったり、保守派の愛国心を揺さぶる演説をしてきました。
それはパフォーマンスだったのでしょう。私はこのパフォーマンスのことを愛国パフォーマンスと名付けます。(2019年6月6日付)

新ての売国奴のパフォーマンスとして我々は知っておく必要があります。
日進月歩の彼ら売国奴の進化に、私たちは負けてはならないのです。

追加03 朝鮮学校に格安で私有地売却→丸山議員が追及した結果。。。 2019.06.10追記

“朝鮮学校の補助金を止めた裏で、市場価格10億以上の大阪私有地を、朝鮮学校に3億4200万円で売却。
朝鮮学校に格安で市有地を売却したのは、維新の前吉村大阪市長。
その伏線を引いたのは橋下徹氏でしたね。”

なんと、森友問題によく似た、しかしそれ以上に悪質な問題です。
維新の会の不審な部分を丸山議員が追及していたことは、とても都合が悪かったのでしょうか。
痛いところを突かれたため、「戦争発言」という千載一遇のチャンスを逃さず、意地でも辞めさせる方向に持っていきたいのでしょう。
丸山議員の「戦争発言」ですが、録音していたのは維新の関係者だったのかもしれませんね

「日本の敵」が丸山議員の辞職を狙っている以上、
彼は日本にとって必要な人物であり、守るべき存在であるような気さえしてきます。

追加04 橋下徹氏、実父と叔父が暴力団組員だった 2019.06.10追記

名誉棄損で訴えたが敗訴した橋下徹氏

彼が部落出身で親族が暴力団で、飛田新地という風俗街の顧問弁護士をやっていて、自らのルーツを隠すための戸籍を廃止しようとしていて、、、、。
いやもう、この人怪しい匂いしかしません。
このニュースを私は最近知ったのですが、これはもっともっと大々的に報道するべきニュースなのではないでしょうか。
ちなみに吉村知事は武富士金融の弁護士だったという噂もあります。

追加05 大阪市がサンフランシスコ市と姉妹都市を解消した裏で実は… 2019.06.10追記

維新の吉村元市長は国士のふりをして、英霊を侮辱した

姉妹都市解消を通告した文章の和訳 サンフランシスコ市議会あて書簡より抜粋

” 第二次世界大戦前から大戦中にかけて、日本兵が「慰安婦」を利用したことは、女性の尊厳と人権を蹂躙する、決して許されないものであるということはいうまでもありません。
本人の意に反して、戦地で慰安婦として働かされた方々が被った苦痛、そして深く傷つけられたお気持ちは、筆舌につくしがたいものであることを私は認識しています。
ですから、私は、いかなる意味でも、慰安婦の問題を正当化する議論には与してきませんでしたし、これからも与しません。
日本は過去の過ちを真摯に反省し、慰安婦の方々には誠実な謝罪とお詫びを行うとともに、未来においてこのような悲劇を二度と繰り返さない決意をしなければなりません。”

原文PDFはこちらをクリックしてください(外部サイトに飛びます)

まるで謝罪文ですね。
日本人がそこまで確認しないからと思ってか、人気とりのためだけに国士のふりをし、サンフランシスコとの姉妹都市を解消しました。
サンフランシスコの市議会の方々も、謝罪してきたと思ったら突然、姉妹都市解消ですからびっくりしたことでしょう。

同じように慰安婦像を作った上海市や徴用工象を作った釜山市にはダンマリ

私は大阪の姉妹都市には詳しくなかったのですが、どうやら大阪市の姉妹都市は7都市あるようです。
サンパウロ市(ブラジル)、シカゴ市(アメリカ合衆国)、上海市(中国)、メルボルン市(オーストラリア)、サンクト・ペテルブルグ市(ロシア)、ミラノ市(イタリア)、ハンブルク市(ドイツ)です。
サンフランシスコも入れると8都市ですが、今では解消されているので7都市ですね。
このうちの上海市には慰安婦像どころか、慰安婦歴史博物館というものまであります。
上海に設置された慰安婦像と開館した慰安婦歴史博物館を訪ねた(外部リンクに飛びます)

釜山市は姉妹都市ではないのですが、大阪市との友好協力都市という区分にあたるようで、この友好協力都市は3都市あります。
ブエノスアイレス(アルゼンチン)、ブダペスト(ハンガリー)、釜山広域市(韓国)です。
このうち、釜山には徴用工象が設置してあります。

吉村前大阪市長は、上海と釜山には何も言いませんでした。
まさに愛国心につけ込んだ詐欺師と言えるでしょう。

追加06 策士 足立康史議員の本性「深田萌絵ちゃんしばき倒そうか??」 2019.06.11追記

維新 足立康史議員「だからぁ、深田萌絵ちゃんを一回ここ呼んでちょっとしばき倒そうか??」
酒を飲みながら非公式の場で「戦争」についての意見を聞いただけの丸山議員と違い、番組内での発言。(公式とは言えないが、それでも飲み会よりは公式寄りといえますよね)
足立議員は、もともと口が悪いチンピラのような議員ですが、これはあまりにひどいのではないでしょうか。
維新の議員やらその支持者は(私の個人的見解ですが)全員、態度も口も悪いです!!

維新支持者
維新支持者
足立さん!この深田ってネトウヨ詐欺師ですから相手にしても詮無いですよ!
維新支持者
維新支持者
深田さんはクズ中のクズ、諸悪の根源。性格が悪すぎて恐ろしい。足立さんがしばかなくても、悪行が祟って天罰が下ります。威勢よく信者の前で悪態ついてるくせに、都合のいい時だけ女性というのは左翼の皆様と同じ。
維新支持者
維新支持者
私は深田さんを初めて知りましたが足立議員がバカというならそうなんだと思います。バカはバカとどんどん言っていきましょう!

「ネトウヨ」「極右」「諸悪の根源」「左翼」、よくもこう多彩な暴言が出るものだと感心します。
類は友を呼ぶという言葉がありますが、維新の場合、議員も支持者も同レベルだということでしょうか。

ちなみに足立氏は、深田氏に「アホ」だの「バカ」だの言ったことを叩かれた際に「彼女は文化人なんじゃないの?半分公人だと思って対応していた」と言い訳しましたが、
いやいや、相手が公人でもバカだのアホだの暴言吐いちゃだめでしょう。相手が公人だと暴言を吐いていいとは私は思いません。

意見が違える有権者を支持者ファンネルで攻撃し、言い訳するベントレー足立

足立議員は、維新支持者の反発を呼びそうなツイートをどんどんリツイートする傾向がありますが、これは彼の戦略の一つです。
自分で論破できないばっかりに、晒し者リツイートをすることによって、信者がゾンビのように群がるという戦法です。

私はこの戦法を「支持者ファンネル」と呼んでいます。※ファンネルとはアニメ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する複数の遠隔操作型機動砲台のことです。
自分自身では戦わずファンネルを仕向けるという卑怯者です。
そのことについて指摘した際には、「支持者に攻撃をしかけてもらうため、ではなく、恥ずかしい思いをしてもらうため」と言い訳していました。
いや、有権者を恥ずかしめても、それはそれでアウトですよね。
いずれにしろこのような品性の欠片もない足立議員を守り、酒の席で「戦争発言」しただけの丸山議員を辞職させようとする維新は異常と言えます。

追加07 吉村洋文大阪府知事「本音は0歳から選挙権。0歳児も同じ日本国民、なんで差別されるんだ?」 2019.06.18追記

吉村洋文大阪府知事のツイッターより

吉村知事によると0歳児に選挙権がないのは差別らしい

吉村洋文知事によると「13歳に選挙権が与えられる時代が来てほしい。本音は0歳からの選挙権だ。0歳児も同じ日本国民。なんで差別されるんだ。」とのことで、
0歳児も同じ日本国民なのに選挙権がないのは差別だ。とのことです。
そこらのおっさんが居酒屋で言ってるだけならば論ずるにも値しない意見なのですが、この方は大阪を代表する知事職にある方ですのでしっかりと民意として私の考えを示したいと思います。

もちろん、13歳及び0歳の児童に選挙権を与えるという考えはNOです。また、差別であるという考えもNOです。差別ではありません。区別です。

彼ら(維新)のよく使う手口ですが、もとより通るはずのない「0歳の選挙権」という極端な意見を言って炎上させ、他の案を通過させるという戦法だと思われます。
さらに、「選挙権の有無」から「差別問題」に論点をすり替え、「戦時中に強制的に日本に連れてこられた永住外国人(朝鮮人)に選挙権がないこともまた差別である!」として、”外国人参政権”を立案・成立させることが真の目的でないかと思います。

ところで、「人権」や「差別」という言葉は左派弁護士のリーサルウェポンとも言えますね。
最近では他にも、戸籍廃止論などで橋下徹氏は「差別解消のため」として差別問題を引き合いに出してきました。

Twitter上の吉村知事への反論↓

民主主義とは本来、危険なシステムだということを全国民が知るべき 2019.06.18追記

よく民主主義は素晴らしいという意見を聞きますが、逆にネガティブな意見をあまり聞いたことがありませんが、あえて批判を承知で言いますと、民主主義は本来、非常に危険なシステムだと思っています。
選挙等で代表者を選出する間接民主主義の場合は、特にです。以下の要件を満たすことが間接民主主義の必要条件だと私は考えます(持論です。コピペ等ではありません)

  1. 必要条件として、当該地域に籍を持つ人民だけで行わなければならない。
    (外国籍等の人民には選挙に参加させてはならない)
  2. 必要条件として、政治家(代表者)を選ぶ人民が、しっかりとした歴史・経済などの知識を持っていなければならない
  3. 必要条件として、人民が自身の考えに合う人間に投票できるようにするためには出馬する候補者が多数いなければならない。
    (現在の選挙では選択肢が2つか3つ程度という事が多く人民の意思を反映できていない)
  4. 必要条件として、出馬する候補者にスパイが紛れ込まないように、一定の条件や法令を定めなければならない。
  5. 必要条件として、投票を権利ではなく義務にしなければならない。
    (投票に行かない者が多くなればなるほど、「組織票」という利権に政治を牛耳られてしまう)
  6. 必要条件として、候補者の発言・政策をマスメディアは平等に扱わなければならない。
    (芸能人だからと言って、長時間報道するというのは公平ではない)

上述のように多数の必要条件があり、それを満たしていない場合は民主主義に欠陥が生じてしまい、真に人民のための政治であるとは言えなくなります。
選挙を経て選ばれているにも関わらず、実際に多くの日本人が政治家に不信を持ってしまうのは、これら必要条件を全く満たせていないからです。

特に、選挙に行けることをいつまでも「権利」だと思っている人が多く
過去に民衆が選挙に参加する権利を勝ち取ってきた時代とは違い、これからは、選挙に行きたくない民衆の尻を叩いてでも投票に行かせる「義務の時代」になっていくべきなのです。
「選挙権」から「選挙義務」の時代に進化していくことで、また選挙権の有無を差別問題にすり替えてくる左派にも対抗でき、組織票等に政治を牛耳られることも減ると思います。

民主主義は素晴らしい考え方であることは私は否定しませんが、それと同時に民衆が馬鹿ばかりだった場合、その国は自ら滅んでしまう危険なシステムとも言えます。
私たちは、この危険なシステムで自ら滅んでしまうような脆弱な国を、未来ある子供たちに残してはいけないと強く思います。

追加08 靖国分祀&国立追悼施設整備 2019.09.10追記

浅田氏によると維新は靖国に代わる追悼施設を大阪に整備したいらしい

橋下氏はA級戦犯の合祀が許せないという東京裁判史観を持つようです

維新の歴史観のひとつがよく分かる発言だと思います。彼らの主張は以下の通りです。

  • 靖国神社に、天皇陛下のご親拝、首相の公的参拝、各国首脳の参拝を実現させる事こそが目標。
  • しかし実際には参拝ができない現状を解決するために、大阪の真田山旧陸軍墓地を整備し国立追悼施設を造り、そこに参拝してもらう。
  • そこにはA級戦犯を覗く戦没者を追悼する事(分祀)により問題の解決を図る。

以上が維新側の主張です。詳しくは別ページにて詳細に取り扱っていますのでご覧ください。

リンク:靖国分祀・追悼施設設立に関する橋下・足立vs百田・有本のTwitterタッグバトル全文まとめ

リンク:橋下徹は本当に「維新とは関係のない一般人」なのか

リンク:維新支持者と女性宮家創設論について議論した結果

コメント

    • プロヴィデンス
    • 2019年 6月 07日

    これはすばらしい!!
    拡散すべき記事だと思います。ランキング毎にツイートしてもいいかと。
    私も最近「維新無いわぁ」と思っていたところです。

    純一郎パクって「日本をぶっ壊す!」な感じなんでしょうね。
    国会でも野党イジリで笑いを取るパフォーマンスで、大阪100万票といわれるお笑い票を取りに来ているのも戦略でしょう。
    戸籍云々については「当然マイナンバーで・・・」と切返してきます。
    このフレーズ、完全に「後出しジャンケン」で遺憾(笑)です。
    そして戸籍等の既存の情報は整理こそすれ、削除する理由は一切ありません。情報は処理できる限り、多い方がいいに決まっています。
    日本だけの制度というのが気に入らないのでしょうかね。
    いいかげん欧米の後ろにいるという思い込みをやめてもらいたいです。
    日本が先頭走ってるのに欧米の真似すると選択を間違います。
    かつて「おサイフケータイ」と呼ばれていた時代、携帯電話はガラパゴスと呼ばれていました。
    それがいまやどうでしょうか。猫も杓子もpayぺいペイぺい言っています。独自進化は実は最先端という結果です。早すぎて世界がついてきていないだけです。
    高齢化、少子化、長期デフレ、全部日本が最先端でしょう。
    今後、戸籍を取り入れようとする国も出てくるでしょう。
    こういう情報処理は創造的破壊には含まれないと考えますね。
    あってよかったねという時代が来ます、霞ヶ関や国会の外側に。
    声を上げ続けること維新に投票しないこと、しか出来ませんが、できることを出来る範囲でやるしかありません。

    足立さんは京大です。文字情報だけで空気感がわかりませんが、高学歴者あるあるで自分以外全員バカなんでしょう。
    うまく踊らせて反日議員を潰す為だけに使えたらいいのですが威力無いですもんね。

    いやしかしこの記事は切り出してツイートすべきじゃないかと思います。維新大好きな人に攻撃されるかもですが、
    綾鷹さんなら論破できるでしょうw

    長文失礼いたしました。

    • 商業ウヨク
    • 2019年 7月 17日

    まず根底にある歴史認識が間違ってますね。
    百田氏もそもそも商業ウヨクなわけで。足立議員に図星突かれて感情的になってましたね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次一覧

たけにゃんの主張

  1. 現在の帰化要件は緩すぎる?僕の考える最強の帰化要件
  2. 今の生活保護制度は人権侵害である!ぼくの考える最強の生活保護
  3. 今の選挙って本当に民主主義?ぼくの考える最強の民主政治

ナザレンコ・アンドリー特集

  1. 政治・経済

    ナザレンコ・アンドリー氏 ツイッター名言まとめ その1
  2. 政治・経済

    平成29年2月11日 建国を祝う集い(広島)でのナザレンコ・…
  3. 時事

    令和元年5月3日第21回公開憲法フォーラムでのナザレンコ・ア…
PAGE TOP