綾鷹が大好きな管理人たけにゃんが、世の中のニュース・政治・事件を語りたくて作ったブログです

  1. 政治・経済
  2. 1000 view

国会議員って普段何してるの?収入は?実は誰でもできる簡単な仕事で高収入だということを知っていましたか?

たくさんの国民から支持され、選挙によって選ばれている政治家の方々。
しかし、あなた達が日本の未来を託して投票した政治家たちが、普段どのような仕事をしてどれくらい稼いでいるのか詳しく分かる方は少なく、ただ何となくすごい人達なんだろうなーという程度の認識の方がほとんどかと思います。

実際に調べてみると、破格の待遇で高収入かつ簡単な仕事しかしていないことが分かりました。
ここでは国会議員の年収や、待遇、仕事内容などを詳しく見ていきましょう。

国会議員(衆議院議員)の報酬は年間約○千万円!その内訳は?

ここで政治家(衆議院議員)の報酬をざっくり見てみましょう

内訳 金額
報酬月額(月  給) 129万4千円/月 1552万8000円
期末手当(ボーナス) 635万円
文書通信交通滞在費 100万円/月 1200万円
立法事務費 65万円/月 780万円
合計 4167万8千円

その他 無料のJR乗車券、無料の航空券(要するに、旅行や出張の際の交通費が全て無料です
また、3人分の秘書の給与(600万円/1人→年額1800万円)こちらも支給されるため実質、秘書を無料で雇うことができると言えます
さらに、政治献金(政治活動のための資金として募る寄付のこと)を含めると年収は膨れ上がるものかと思います。
出典:ボイスノートマガジン

非常に高額の報酬を受け取っていることがわかりました。
しかし、驚くのは報酬だけではありませんでした。

国会議員だけの寮施設も完備!東京の一等地でお家賃なんと8万円

衆議院議員 新赤坂宿舎

衆議院赤坂宿舎、東京の一等地である港区赤坂に国会議員専用の寮施設(マンション)があり、国会議事堂へのアクセスも抜群です。
広さは82㎡、間取りは3LDK、設備として食堂、会議室、社交室、医務室、地下駐車場、家具などが備え付けです。
これだけの好条件でお家賃なんと、8万4000円!!
ちなみに、港区赤坂の近隣で同じ広さの賃貸住宅の民間相場は月額約50万円です。
出典:ウィキペディア

政治家の1日のスケジュールは?どんなことをしているの?

それでは、高給取りで、かつ破格の待遇である国会議員さんの1日の行動を見てみましょう。
さぞ、忙しく大変な毎日を送ってらっしゃるのかと思います。

08:00 政策審議会
09:00 衆議院委員会
12:00 地元の支援者等が状況して来ている場合は、交流や昼食
13:00 衆議院本会議
15:00 取材の申込等があれば、国会内の議員事務所などで取材を受ける
16:00 国会内会議室で、勉強会など(歴史や経済の勉強や、勉強会の体で懇談会)
17:00 議員事務所等で、委員会質問の打ち合わせなど(ここでプラカードなどの余計なものも作成)
19:00 懇親会(飲み会、二次会では高級クラブや高級風俗に行く。交通費はもちろん税金を使う)

参考:NHK選挙WEB

おお、なんということでしょう・・・。
どこが大変なのか教えてほしいくらいです。
ハードさに関しては普通のサラリーマンと変わらないどころか、かなり楽そうなスケジュールにしか見えません・・・。

そもそも楽に見えるうえに、無駄も多すぎる気がします。
普通の議員の仕事(衆議院議員の場合)は、8:00からの政策審議会と、9:00からの衆議院委員会と、13:00からの衆議院本会議だけで良いのではないのでしょうか。(しかし出席の法的義務はないので、欠席しても報酬が減額されることはない
16:00からの勉強会が勤務時間中に必要なのでしょうか。
我々、一般の社会人・サラリーマンは勤務時間中に勉強などできません。
歴史の勉強するならその時間は「仕事時間」に含めてほしくないし、そもそも議員になる前に勉強しとけって話です。
委員会質問の打ち合わせは、必要かなとも思うのですが、野党のようにプラカード等の余計なもの作成する必要はないかと思います。
ましてや19:00からの懇親会を「仕事時間」に含めるな!と強く思いました。

4167万8千円もの年収で、たったこれだけの仕事しかしていないのなら、単純に仕事量だけで考えた場合、誰でもできる仕事だというのが簡単に分かります。
「ここに書いてあること以外にもたくさんの仕事をこなしているんだよ!知った風な口をきくな!」と言われそうですが、そんなことわかっています。
どんな仕事でも、成功を収めようと思っている人は、表向きの仕事以外にもたくさんのことをやっています。政治家だけじゃありません。みんなそうなんです。

国会で居眠りする先生方 これでも年収4000万円以上

実際に国会中継で居眠りしている議員や、ゴールデンウィークに18連休(2018年の野党)や40連休(2019年の野党)を見るに、おそらく、ほんとに誰でもできる仕事なんだろうなあと思ってしまいます。
※2019年の野党は正確には40連休していませんが、憲法審を5分だけ開き40連休を回避しましたが、ここではあえて40連休と記しておきます。

反論①:政治活動にはお金が大量に必要

「政治活動にはお金が必要なんだ」という声が聞こえてきそうですが、その代表たるものが選挙活動とのことです。
選挙活動については確かに自己負担が大きく、大変に見えるのですが、このブログでの論点は議員になった後の報酬のお話をしています。
選挙活動費用は議員になる前に捻出しているものであるはずなので、関係ないものとして考えていただきたいです。

反論②:議員事務所や秘書等のスタッフ人件費がかかる

「地元選挙区や都内に議員事務所を構えたり、公設秘書の他に私設秘書やスタッフを雇ったりと出費がかかることがいくらでもある」と反論されると思います。

普通に節約しようという発想にはならないのでしょうか。
議員事務所は2ヵ所本当に必要なのか、また公設秘書が3人まで雇えるというのに関わらず私設秘書を雇う必要があるのか?
国会議員によっては愛人を秘書に雇って海外旅行(海外出張)に行っている人もいます(山尾志桜里議員)
これらの諸経費は、議員が楽したいから、いい生活がしたいからという欲望しか見えません。
国民が国会議員を信用できない背景には、このようなことが大きく関わっているのだと思います。

結論:国会議員は日本一、楽で高収入な仕事だった

上述の通り、年報4000万円+献金+電車・航空機無料+秘書無料という格差社会の頂点に立ち、
家賃がたったの8万円で好立地のマンションに住むことができ、
さらに仕事内容も超イージー。それでいて審議拒否をしたり、愛人を秘書にして旅行したり、、、

それでも、国民のために尽くしてくれるなら良いのですが、近年の国会議員を見るに、日本のために動いていると思える議員が少なすぎます。
日本のために動いていると思われていた維新の会でさえ、おそらく売国政党です。リンク:愛国心を利用した詐欺師集団「維新の会」の売国的言動TOP10!愛国パフォーマンスに騙されるな!

日本人の税金で豪遊し、日本人のためではなく中国・韓国・北朝鮮のために政治をするスパイ達、
また、スパイでなくとも職業として政治家をやっているだけの何の信念もないただの個人事業主達。
どの職場にもいると思いますが、たいした仕事量ではないくせに苦労しているふりだけは得意な方々。
これが、日本の政治家の正体なのです。

批判ばかりの記事になってしまいましたが、このようにしたらいいという持論もあります。
それについてはまた後日、記事にしたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP